スマートリポ

このページでは、脂肪溶解系の痩身術のひとつ「スマートリポ」の特徴を紹介しています。

スマートリポの特徴

レーザーを用いて脂肪細胞を破壊し、部分痩せさせる方法が、スマートリポと呼ばれる痩身術です。欧米では10年以上前から使われています。

ほかの脂肪溶解系の痩身法同様、ダウンタイムがほとんどなく、施術も簡単であるため、手軽に痩身術を受けたいという方から人気を集めています。

この方法では、ヤグレーザーと呼ばれるレーザーを脂肪細胞に照射することで、その細胞膜を破壊します。膜が破壊されると、脂肪細胞の中身は細胞の外に流出します。流出した中身はマクロファージと呼ばれる細胞に食べられるため、自然に体内に吸収されていくのです。このようにして、3、4ヶ月程度かけて脂肪を分解・吸収していくのがスマートリポのメカニズムです。

施術は局所麻酔を行い、わずか1mm程度のレーザーファイバーを体内に挿入するだけなので、からだへの負担はとても小さく、痛みや施術後の腫れなども少ないことが多いです。

しかし、スマートリポによって破壊できる脂肪細胞は、皮下1cm程度であることから、ウエストや太もも部分への施術にたいしては、ほとんど効果が見られないので注意が必要です。反面、皮下脂肪が比較的少ない頬やあごの下にたいしては、効果が大きいといわれています。

スマートリポに関する基本情報

【治療期間の目安】

施術は20分程度で、日帰りで受けることができます。
腫れやむくみが出る場合もありますが、いずれも1週間程度でひくようです。

【費用の目安】

  • 1回15万円程度
  • 部位によっては複数回の施術が必要

部位によってかなり差がでます。


脂肪溶解注射クリニックNAVI~大阪編