他の痩身術との違い

ここでは、脂肪溶解注射と、他の脂肪溶解系痩身術の違いについて解説しています。

一口に「痩身術」と言っても、その種類や方法は多岐にわたりますが、よく知られている治療法に「脂肪溶解注射(メソセラピー)」があります。

脂肪 溶解注射は、①メスを使わない(=切らない)、②部分痩せができるという2つの大きな特徴を持ち、ヨーロッパをはじめ約20ヶ国で認められています。

脂肪溶解系の痩身術には他にも、皮膚下に炭酸ガスを注入して代謝を促進させるカーポメッド脂肪細胞をレーザーで照射するスマートリポ超音波によって皮下脂肪を破壊するウルトラシェイプなどがあります。

メ スを使わない、脂肪溶解注射を始めとした脂肪溶解系の痩身術は、身体への負担が少なく、安全性が高いと一般的に言われています。

しかし、まったくリスクが ないわけではありませんので、痩身術を選ぶ際には事前に、各施術の特徴やメリット・デメリットをしっかりと理解しておく必要があります。

また、脂 肪溶解注射も含めて「痩身術」は決して安い買い物ではありません。そして、洋服やアクセサリーのように、失敗したからと言って、すぐに買い替えるなんてこ ともできません。

脂肪溶解注射、カーポメッド、スマートリポ、ウルトラシェイプの特徴や、それぞれの違いをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてもらえれ ばと思います。

脂肪溶解注射と他の痩身術の特徴

脂肪溶解注射と他の痩身術の特徴はこのようになります。

痩身術の種類 特徴
脂肪溶解注射 痩せたい部位にフォスファチジルコリンという大豆が原料の物質を含んだ薬剤を注射する方法です。脂肪を溶かしてリンパを通って最終的に便や尿として排出します。
ボトックス注射 筋肉にアプローチして細く見せる方法です。特に、表情筋やふくらはぎなど、筋肉が特に目立つ部分にアプローチをすることで補足していきます。シワやたるみの治療にも使われます。
脂肪吸引 メスで切開した穴から管を挿入して脂肪を直接吸い出す方法です。手術なので時間がかかり、費用も高額です。出血することもあり、体への負担が大きいですが、即効性があるため効果を実感しやすいのも特徴です。
カーボメッド 体内に炭酸ガスを注入して代謝を活性化させ、部分痩せを図る痩身術です。極細の針で炭酸ガスを注入し、一時的な酸欠状態を作った後、血液中からのたくさんの酸素供給を促すことで、代謝の活性化をはかるというのがカーボメッドの仕組みです。
キャビテーション 超音波照射により部分痩せさせる方法で、脂肪溶解による痩身法の一つです。脂肪やセルライトだけに反応する特殊な超音波をあてることで、脂肪細胞膜を破壊します。そうすることで中性脂肪が溶け出して、その部分が痩せる仕組みです。
スマートリポ レーザーを脂肪細胞に照射して破壊し、部分痩せさせる方法です。ヤグレーザーと呼ばれるレーザーを脂肪細胞に照射し、細胞膜を破壊します。キャビテーションと同じように中性脂肪が溶け出し、自然に体内に吸収されていきます。脂肪の分解・吸収は3~4か月の間行われます。
EMS EMSとは、エレクトリック・マッスル・スティミュレーションの省略形で、テレビショッピングなどでもおなじみの痩身方法です。筋肉に電流の刺激を与えることによって運動をしているのと同じような状態を作り出し、脂肪を減らしていく痩身方法です。

脂肪溶解注射と他の痩身術のメリット・デメリット比較

脂肪溶解注射と他の痩身術のメリットとデメリットをまとめました。

痩身術の種類 メリット デメリット
脂肪溶解注射 ・メスを使わずに注射だけで行えるので体への負担が少ない
・日常生活への影響がほとんどない
・部分痩せができる
・1回の注射で効果がでる範囲が狭いので、効果を実感するには時間がかかる ・効果を実感できない人もいる
・場合によっては何度も通うことになってしまうため、結果的に脂肪吸引よりも高くつく場合がある
・注射を打つ回数は5~8回と何回か通う必要がある
・1回の注射で、3万~5万円かかるので場合によっては脂肪吸引より高額になってしまう場合もある
ボトックス注射 ・メスを使わずに注射するだけなので体への負担が少なく済む
・筋肉を減らすことができる
・部分痩せができる
・脂肪を減らすことができない
・太ももなど筋肉が多い部位には大量の注射が必要になる場合がある
・効果の持続が半年~1年と短い
・1回の費用が5~10万円と高額
脂肪吸引 ・一度吸引を行った部位はリバウンドしにくくなる
・1つの部位に対して1回の手術で済む
・急激に太ったりするとまた脂肪がついてしまうこともある
・吸引する脂肪の量によっては数時間を要する場合もある
・腫れ・内出血・痛みなどがあるため、体への負担が大きい
・腫れや浮腫みなどがなくなるのに1~2ヶ月と長期間かかり、その間日常生活が制限されてしまう
・6万円~50万円前後と高額な費用がかかる 
カーボメッド ・肌質改善やアンチエイジング効果などもある
・メスを使用せず極細のハリを刺して施術するので痛みは少ない
・施術時間20~30分
・体への負担が比較的軽いので術後すぐの帰宅・日常生活の再開が可能(※)
・安全性が高い分即効性を期待できない
・1回の施術で2~5万円と比較的高額
・複数回行う場合は10~30万円程度
キャビテーション ・体への負担が少ない
・メスを使用せず熱も発生しないため、比較的安全性が高い
・一度施術を行うとリバウンドしにくくなる
・1回の施術時間は10~20分と短時間でOK
・部分痩せに向いている
・効果が実感できるまでに3~10回程度かかる
・1日に施術可能なのは2部位程度
・顔や関節の施術に向かない
・毎回払いのところと月額性のところがあるが、総額10~30万円になることもある
スマートリポ ・体への負担が少ない
・頬、あごの下など皮膚の薄い部分に効果的
・施術時間20分程度
・日帰り可能
・4か月程度にわたって効果を実感できる
・効果は皮下1cm程度まで
・麻酔を使用する場合も
・ウエストや太ももなどに効果が少ない
・腫れやむくみが引くまで1週間程度かかる
・効果が実感できるまで3・4か月かかる
・複数回の施術が必要な場合もある
・1回15万円前後と費用が高額
EMS ・自分のペースでくつろぎながらできる ・費用が高額
(通販で機器購入:15万円前後
エステ:1回1万円前後)
・自分で行う場合調節が難しい。電流が強すぎると痛いことも

※参考:上田 厚登 ( 久留米大学 医学部 皮膚科 、 朝倉医師会病院 皮膚科):Infrared-radiofrequency(ST リファームTM)を用いた脂肪減量法 平成 22 年 1 月 14 日掲載決定) [PDF]

サプリメントの特徴

痩身サプリや脂肪溶解サプリと呼ばれているサプリメントの特徴についてまとめました。

アイピーセラフィム

アイピーセラフィムというのは、海外やテレビでも話題のサプリメントで、最先端のIPS理論を使用しているサプリメント。野草発酵圧縮酵素を使用しているのが特徴です。また、野草発酵圧縮酵素と、IPS細胞理論の2つの成分を同時に摂取することができ、ダイエッターをサポートしてくれます。

エスエスエス-SSS-

コーヒーに含まれている一部の成分だけを抽出したサプリで、モデル業界でも話題になっているサプリメントになります。そのほか、クロロゲン酸という成分が入っているのが特徴です。

カーボニックプロ

カーボニックプロは、胃で痩身ガスを発生させる最新のダイエットサプリです。 そのほか、サポニンやレシチンといった成分も含まれています。副作用も 報告されていないようなので、安心して使用することができます。

シュナイズ

テレビや雑誌で話題沸騰となったサプリメントで、 多数の芸能人も愛用しているといううわさがあるほどです。シュナイズは、今までになかった、濃酵素補給法を実現しているところが特徴の1つ。これにより、ダイエットをしている人たちのサポートをしてくれます。ただし、インターネットでの口コミなどの情報は少なく、実際の体験談が見えてこないところがデメリット。そのため、口コミを参考にして サプリを買っている人には向いていないかもしれません。

ゼナドリンウルトラ

ゼナドリンウルトラは、米国サイトダインテクノロジー社製のサプリメントで、1997年にアメリカにて販売されました。しかし、日本では禁止されている成分が使われている関係上、若干薄めた成分用量で製品化されています。口コミでは副作用として吐き気や耳鳴りがするといったことも報告がされているため、副作用なく安心して使いたいという方には、おすすめできない商品です。

プレミアムディープレッソココラテWithレアシュガー

海外セレブや芸能人も使用していると噂されているのが、プレミアムディープレッソココラテWithレアシュガー。3大成分として、ココナッツオイル・希少糖レアシュガー・90種類もの野草・野菜・果物発酵エキスが配合されているのが特徴のサプリメントです。

ヨーグルココ チュアブルタブレット

ヨーグルココ チュアブルタブレットはヨーグルトとココナッツの2つを独自に配合し、ダイエッターをサポートしてくれるサプリメントです。味はヨーグルト味ということなので、サプリメントが苦手という方でも、気軽に続けられるのではないでしょうか。

サプリメントはあくまでサポート

ここまで多数のサプリメントについて紹介してきましたが、サプリメントはあくまでダイエッターのためのサポートをしてくれるものにすぎません。また、口コミの中には、 副作用があったというサプリメントもあります。そのことを念頭に置き、使用することをおススメします。

脂肪溶解注射と他の痩身術の特徴・向いている人

体をスリムにするためには、上記のように「飲んで痩せる」ものだけでなく、脂肪溶解注射や「着て痩せる」もの「塗って痩せるもの」など色々とあります。 それぞれの特徴や向いている人について紹介します。

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射とは、メスを使わずに、注射だけで脂肪を取り除く方法です。ダウンタイムも少なく、施術時間も短いので手軽に行えるのが特徴です。 しかし、脂肪溶解注射だけで体重を落とすことは難しいです。

また、脂肪溶解注射は一度に打てる量や範囲が決まっているので、ダイエットをしている人が特に気になるとされる太ももやお腹などの脂肪にはあまり向いていません。ですから、大きな変化を実感したいと言う人にはあまりオススメできません。 しかし、顔や二の腕など、範囲があまり広くない部分には適しており、短時間で効果が実感できるので、「ダイエットをしているけどなかなか効果が実感できない」という方にはオススメの方法です。

飲んで痩せる

飲んで痩せる商品というのは、あまり良い口コミを目にしません。100%飲んで痩せることができるのであれば、だれも苦労しませんよね。 サプリメントなどの、飲んで痩せるものは、あくまでもダイエットのサポートをしてくれるものなので、運動や食事制限も必要不可欠になります。 「飲んでいるから大丈夫」と、何も気にせず生活していてもダイエット効果は見込めません。 そのため、飲むだけで楽に痩せたいと思っている人にはおすすめできません。一方で、運動や食事制限と共に、サポートとしてサプリメントを取り入れたいという人には、向いているかもしれません。

着て痩せる

「着て痩せる」と聞いて、思い浮かぶのは、着圧ソックスやサウナスーツなどでしょう。 着圧ソックスの場合、足のリンパの流れを良くして、1日のむくみを解消してくれる効果が期待できるので、寝る前に履くのは良い方法だと思います。 ただし、着圧ソックスを履いたからと言って、体重が落ちたり、太さに大きな変化が出たり...という事はないので注意しましょう。 人間は浮腫むと太く見えてしまうので、むくみ予防・解消のためにはとても良いアイテムです。 また、サウナスーツ自体には痩身効果はありませんサウナスーツを着ると、汗をたくさん書くので、「痩せている」と勘違いしてしまいますが、あくまでも「体の水分が出ただけ」です。サウナスーツを着ているからと言って、体がみるみる細くなることはないので注意しましょう。

塗って痩せる

塗って痩せるものの中にはトウガラシエキスやジンジャーエキス、カプサイシンなどの身体を温める成分が入っているものがほとんどです。 脂肪を燃焼しやすくしてくれる働きがあるのですが、ただ塗るだけでみるみる細くなるわけではないので注意しましょう。 特に、冷え性に悩まされている人や、むくみ改善のためのマッサージクリームとして使っている人が多いようです。


脂肪溶解注射クリニックNAVI~大阪編